機能性

さらに低コスト・省力化を狙うなら!

疎植栽培は、株間を標準栽培の約2倍に広げるため、育苗関連資材や作業労力の負担が軽減されます。また、苗自身がもつ力強さを引き出し倒伏や病気にも強くなります。

幼穂形成期の稈(茎の中心部)の径の太さは疎植するほど太く、節の間の伸長も疎植するほど短くなる。
(資料提供:滋賀県農業総合センター)

根の発達も良くなり
生命力の強い稲になる!

疎植は開帳型の力強い株に
なり倒伏や病気に強い!
一目見たら疎植とわかる程株間が広くなり、通風・採光がよく、茎も太く穂も大きくなります。実証試験の結果、収量・品質・食味とも安定しています。