作業機付きトラクタの公道走行について

ロータリー等を装着したトラクタが一定の条件の下で公道走行できるようになりました。

1.公道走行に関するガイドブック

必要な対応について 、公道走行ガイドをご確認ください。

2.関連リンク

詳細については、下記関連情報をご確認ください。

■農林水産省HP(外部リンク)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/kodosoko.html
PR動画の他、チェックポイントが確認できます。

■(一社)日本農業機械工業会HP(外部リンク)
http://www.jfmma.or.jp/koudo.html
公道走行に必要な対応について、詳細を記載したパンフレットを掲載しております。

15km/h以上で走行可能な車両の安定性の確認のとれたトラクタと作業機の組合せも順次掲載します。

3.作業機付きトラクタの公道走行について

ヰセキ純正ロータリについては、下表の部品を組み付けることで、ロータリを装着したままで公道走行が可能です。但し、ロータリの全幅が170cmを超える場合には大型特殊自動車免許が必要となります。

本機 ロータリ 免許 対応部品

①制限を受けた

自動車の標識

②白反射ラベル
Z153 ARZ11 小特 特に対応の必要はありません
TQ143,163 ARQ123,133
TM177,197 RAM12,13
RTS16,18,20,22 RAS12,13,14
WAY167 大特
RTS23,25 RAS140,150 小特 特に対応の必要はありません
RAS160 大特
WXY167
WAY177
NTA365・NT365
以下
RAN14,15 小特※ 特に対応の必要はありません
RAN16 大特
RAN17,18 大特
WXY167
WAY177,187,197,207
NTA435・NT435
以上
RAN170,180,190
WXY207

※ハイスピード(FF)仕様の場合は大型特殊免許が必要です。